フォシーガ(ダパグリフロジン)の個人輸入最安値通販サイトは?

フォシーガ(ダパグリフロジン)の最安値はオオサカ堂!

この記事をご覧になっている方はすでにフォシーガがどのような薬なのか?を知っている方がほとんどだと思いますが、簡単に説明しておくとフォシーガはSGLT2阻害薬の一つで一般名(有効成分)ダパグリフロジンの医薬品です。

従来は2型糖尿病患者に投与されていましたが、2019年から1型糖尿病にも適応が承認されました

日本でのフォシーガの薬価は、5mg1錠:198.5円・10mg1錠:296.9円となっています。
1型糖尿病、2型糖尿病であれば保険適用になるので、病院で処方された場合の価格は上記の約3分の1程度となります。(正確には調剤料などがあるので若干高くなります)

基本は1日1錠服用(5mg錠の場合)なので診察代なども加味するとざっくり1ヶ月で薬代としては保険適用で考えると3000円~4000円ぐらいになるでしょうか。

当サイトではフォシーガの通販(個人輸入)の最安値サイトを紹介していますが、値段だけで言えばやはり保険適用で病院で処方してもらうのが一番安くなります。
フォシーガには副作用もあるので医師の指導の下で服用するのが安心でしょう。

ただ、保険証を持っていない場合や、糖尿病の治療以外での服用の場合は自費診療となるので確実に個人輸入で通販したほうが薬代は安くなるでしょう。

個人輸入最安値のオオサカ堂では、5mg1錠:65.6円・10mg1錠:136円程でフォシーガが購入できます。

ただ、オオサカ堂でのフォシーガの取扱いは10mg錠だけなので服用する際には、ピルカッターなどで半分にして服用しなければいけません。
また、オオサカ堂はクレジットカード決済が現在一時停止しています。

クレジットカードで購入したい
10mg錠を半分に割るのではなく5mg錠をそのまま服用したい

このような方は、ベストケンコーでも比較的安くフォシーガの個人輸入ができます。

ちなみにベストケンコーでは「フォルキシガ」となっていますが、こちらは海外表記を翻訳した際の違いで、製造元もフォシーガを開発したアストラゼネカ社の製品なので安心してください。

医薬品の個人輸入サイトはたくさんありますが、オオサカ堂もベストケンコーも10年以上運営されていて利用者も多い老舗の個人輸入代行サイトです。

品揃えも豊富でそれぞれの製品に対する利用者の口コミやレビューも充実しているので購入前の参考にしてくださいね。

管理人はどちらも利用していますが、価格だけならオオサカ堂がおすすめです。

ただオオサカ堂はクレジットカードが利用できない点と併せて医薬品の仕入れを香港の卸問屋から行っているので稀に粗悪品が混ざって、それを手にした利用者の悪い口コミも見受けられます。

(偽造品や不良品対策のためにオオサカ堂では定期的に医薬品の品質検査を行ってるので問題ないケースのほうが圧倒的に多いです。)

なので品質重視であれば、近年製薬産業の技術力が向上しているインドの仕入れルートを持つベストケンコーのほうが安心できるかなと個人的には思います。

フォシーガ(ダパグリフロジン)の通販ができるのは個人輸入だけ


近頃は楽天市場やAMAZONのような国内の大手通販サイトでも医薬品の取扱いがあって通販購入できますが、楽天市場やAMAZONで購入できる医薬品は、OTC医薬品や市販薬に分類される医薬品です。

フォシーガ(ダパグリフロジン)のような医師の処方箋が必要になる処方薬・医療用医薬品に分類される薬は国内では通販で販売することができません。

一部のクリニックでは、アフターピルやED治療薬などのオンライン処方が始まっていますが少なくともフォシーガは国内では通販できません。

なのでフォシーガを病院で処方してもらう以外で入手するには個人輸入しかないのが現状です。

そもそもフォシーガとは?

フォシーガ錠は糖尿病治療薬の中でも選択的SGLT2阻害薬に分類されるお薬です。
有効成分はダパグリフロジンです。

SGLT2阻害薬は、SGLT2によるブドウ糖の再吸収を抑制する薬剤で、従来とは全く異なる作用機序であることが注目されている。血糖低下作用の他、脂肪燃焼による体重減少、浸透圧利尿による血圧低下、尿酸値低下、アディポネクチン増加などの作用が報告されており、肥満傾向をもつ患者に向いていると考えられている。
引用:https://dm-net.co.jp/calendar/2014/022580.php

これまでの糖尿病薬はインスリンの分泌を増やしたり、働きを促進することで血糖値をコントロールして、血糖値を下げるのが一般的でした。

しかし、SGLT2阻害薬はインスリンとは関係なく働くのが特徴です。
効果的に使えば糖分・脂肪が減って体重が落ちることもありますが、脂肪だけではなく筋肉まで分解される可能性があるなど服用には注意が必要です。

SGLT2阻害薬にはフォシーガの他にも、スーグラ・ルセフィ・アプルウェイ・デベルザ・カナグルなどの薬があります。

フォシーガをダイエット目的で服用する方も

フォシーガと関連性の高いキーワードに「痩せる、ダイエット」があります。

上記のようにSGLT2阻害薬には体重が減って痩せる効果もあります。
なので、糖尿病ではないけれど痩せるためのダイエット目的でフォシーガを服用しようと考えている方も多いようです。

この記事でも度々紹介していますが、フォシーガを含むSGLT2阻害薬は保険診療上では、糖尿病の治療薬になるのでダイエット目的で処方してもらう場合は自費診療になります。

一部の美容外科クリニックではダイエット目的でフォシーガを処方していますが、その場合の値段はほぼクリニック側の言い値になると覚悟しておいたほうがいいでしょう。

価格のことだけを考えると、個人輸入で通販したほうが安く購入できるでしょう。
しかし、フォシーガには効果だけでなく副作用もあるので合わないと感じた場合は服用をすぐに中止して撤退したほうがいいでしょう。

フォシーガ(ダパグリフロジン)の効果と副作用について


フォシーガの効果は、血液中のブドウ糖を血液中に戻す作用を抑制し尿からそのブドウ糖を排出することで血糖値を下げる作用があります。また脂肪減少作用や浸透圧利尿作用から体重減少の効果や血圧への良い効果もあると言われています。

簡単に言えば体内の過剰な糖を尿として排出させる効果です。

主な副作用として報告されている症状は以下の通り。

・頻尿
・口渇
・性器感染
・尿路感染
・尿量増加

特に、痩せている方や、高齢の方の場合は筋肉の減少や脱水傾向による血栓の形成などが起こりやすいので注意が必要です。
2型糖尿病は中高年に多いので服用の際は水分摂取を小まめに行うなどして気を付ける必要があります。

上記の副作用はあくまでも発生しやすい副作用の一例で、薬には体質に合う合わないなどの問題もあるので上記以外でも気になる症状が出た場合はすぐに服用を注視して医師や薬剤師に相談しましょう。

さいごに

フォシーガ(ダパグリフロジン)についての個人輸入での通販情報などをまとめてきましたが、フォシーガは糖尿病の保険診療で処方してもらうことができます。
その際は内科や消化器科などを受診しましょう。

病院で処方してもらったほうが価格も安く、医師の指導の下で服用できるので万が一異変を感じた場合にも素早く対処できるでしょう。

一方でダイエットなど痩せる目的でフォシーガを服用する際にも、一度は美容外科などを受診して医師に相談できる環境を整えてから個人輸入などで通販するのがおすすめです。
その際の最安値はオオサカ堂になりますが、クレジットカード決済がしたい場合や5mg錠を服用したい場合はベストケンコーがおすすめです。